遠距離恋愛を長続きさせる努力~月に一度の逢瀬~

遠距離恋愛では月に一度しか逢えない人も少なくありません。そんな月に一度の逢瀬で長続きする為にしなければならない努力をアドバイスしていきたいと思います。

メインイメージ

彼女と出会わせてくれたメル友サイトにとても感謝

2014-12-17

運命の出会いって、本当にあるんだなぁと実感しています。

というのも私の奥さんは、出会ったきっかけがメル友サイトでの出会いなんです。

女性が少ない職場の上、仕事柄なかなか女性と知り合うこともできずにいました。

そのときは、「彼女が欲しい」と言うよりも、メールで女性と会話をして、気晴らしをしたい気持ちが大きかったんです。

それで、ある無料のメル友サイトを知り、登録してみたのです。

メル友になってくれる女性に対して、特別な条件はなかったのですが、できれば近場に住んでいる女性がいいと思ったんです。

その方が話も合うでしょうし、街を歩いていてもしかしたらすれ違っているのかもなーという、ちょっとしたロマンチシズムに浸りたい気持ちもあったんです。

正直、直接会いたい気持ちは全く持ってませんでした。

そんな時間もないですし、運命的な出会いなんて期待もしてなかったんです。

程なくして、雰囲気の良さそうな女性と知り合うことができ、メル友としての付き合いが始まりました。

彼女とメールするのは、とても楽しいものでした。

本当に他愛もないことを話したり、時にはちょっとした愚痴を聞いたり聞いてもらったり、メル友として良い関係を築いていると思いました。

そんな関係を半年ほど続けているうちに、私はどうしても彼女に会ってみたくなったのです。

その想いは日に日に大きくなっていき、次第に彼女を想像するようにすらなっていました。

自分の中の理想的な彼女ばかりを作りあげていましたが、たとえ想像と違っていてもいいから、会って話をしてみたいという想いが爆発し、思い切って「会って話をしてみたい」と告げたのです。

折角良いメル友関係を築いていたのに、これで終わりになってしまうかもという不安な気持ちもありました。

そのことも正直に話しました。

もし会うのはダメならそれでいいけど、メル友関係だけは続けさせて欲しいと。

その関係が絶たれることだけは、本当に怖いのだけど、でも会ってみたい。

その気持ちは、彼女に通じました。

それから、友人として会って話をする関係になり、そこから恋人として付き合いが始まり、ついに結婚となったのでした。

運命の出会いなんて・・・と思ってはいましたが、実際にそんな出会いもあって、私の場合はたまたまメル友サイトで知り合った人、ということなんです。

ですので私は、彼女と出会わせてくれたメル友サイトに、とても感謝しています。

カテゴリー: 日記 

常にパワーを身につけることがモテるための近道

2014-12-06

たくさんの女性からモテたいと思っている男性は、経済力や包容力といった男性最大の魅力をアピールする必要があるでしょう。

どんな女性でも経済力のある男性に魅力を感じますし、経済力がない男性とお付き合いするのには不安があるでしょう。

そのため、男性が女性にモテたいと思ったときには、仕事で成功すればよいのです。

仕事を成功させることによって収入も上がりますので、女性によい思いをさせることができるでしょう。

女性はムードに弱いところがありますので、お金を使って最大限にムードを演出するのです。

そうすることによって失敗することも少なくなりますし、出会いの数も増えるでしょう。

女性に対して優しくしていればモテるというわけではありませんし、逆に冷たくしていればモテるというわけでもありません。

なぜなら、それだけだと女性はだんだんと飽きてしまうのからです。

相手の女性が冷たい男性が好きだとしても、ただだまっているだけでは女性に飽きられてしまうので気をつけて下さい。

大切なのは、男性ならではの魅力をアピールすることです。

女性は男性のことを良いか悪いかで選ぶのではなく、自然と男性のパワーに惹きつけられていきますので、常にパワーを身につけることがモテるための近道となるのです。

カテゴリー: 日記 

年齢を問わずに利用される出会い系サイト

2014-11-29

恋愛というものは若い人だけの専売特許でしょうか。

確かに恋愛というものは一般的には結婚するまでものという認識であるのが普通です。

不倫の恋などはまた別の話ですが、どんなに熱烈な恋愛をしても結婚すれば生活になってしまいます。

日本は平均寿命の長寿国となっていて、還暦を過ぎてからの人生も数十年と長く控えています。

そのときに夫婦がともに元気であればよいのですが、配偶者に先立たれた人、はたまた熟年離婚した人など、年をとって一人身で生活している人もとても増えています。

数十年という長い老後を一人で過ごすのはとても不安で寂しいことですよね。

今はこうした世代の人たちに出会いの場を提供するということで、無料出会い系サイトがとても人気です。

高齢者というとパソコンは使えないというイメージがありますが、インターネットの需要はとても高く市民講座などでの高齢者向けのパソコン講座は人気を博しています。

そのため、高齢者の人でも気軽にインターネットやパソコンを楽しむことができる人が増えているのです。

出会い系サイトというと若者のための出会いの場といった感じがありましたが、今ではこのように年齢を問わず高齢者の人でも利用するようになっています。

一人身で生活している高齢者の中には、老後の生活をお互いに支えあえるような人と出会えたり、再婚を考えるような相手との出会いを見つける人達も増えています。

それだけ需要があるのですから、高齢者向けの出会い系サイトはこれからさらに増えるでしょうし、利用者もどんどん増加することでしょう。

カテゴリー: 日記 

年上の恋人欲しさ

2014-11-21

誰もが一度は憧れる「年上の恋人」欲しさに、まず手始めに財布に優しい無料サイトを使ってみました。

運よく恋人ができたら、今後のデート費用や通信費がかさむと思い、正直出逢えるかどうかも分からないサイトそのものに、最初からお金をかけるのは避けようと思っていました。

そもそも学生なので、お金に余裕もないので…。

幸い、よく聞くサクラにも引っかからず、僕自身は大きな被害には遭いませんでした。

口先だけで、初めから会う気のない子は数人いましたが。

一応、年齢と地域で的を絞って、お目当ての年下好きのお姉さんを探したのがよかったと思います。

2ヶ月程度で、数人と意気投合し、基本はお金をかけずにフリーメールだけでやり取りをしました。

どうせなら一度きりの出会いじゃなくて、長く付き合える人がよかったので、そこから1人に絞るほうが苦労しましたね。

性格はよくても、顔やスタイルまでパーフェクトな女性がいないのが残念ながら現実のようなきがします。

仮に、キレイな女性がいたとしても、他の男性の人気も高いので、気を引くのもひと苦労です。

競争率が高いので、僕は2〜3回押して駄目だった場合は諦めて、次の女性にいきました。

サイトを使い出した頃は、目的や条件がはっきりしていたものの、色んな女性と話すうちに目移りしてしまって、タイプ以外の女性と一度だけ会ったりもしました。

息抜きで会うというのもサイト利用者のひとつの楽しみではないかと思います。

会う前から相手の気持ちも聞いていたし、軽く付き合いたいときには同じ考えの女性を見つけるべきですね。

今は、本命である年上の女性と会う約束までこぎつけたので、今後浮気はしないつもりです。

カテゴリー: 日記 

遠距離恋愛がうまくいくパターンとうまくいかないパターン

2014-09-25

『月に一度の逢瀬』世の中には遠距離恋愛をしている人が多くいますが、うまくいくパターンとうまくいかなパターンにはっきり二分化する傾向にあると思います。

どうして、遠距離恋愛がうまくいくのか。

そのことについて、気づいた点を書いていきたいと思います。

まず、うまくいっている彼らはルールをしっかり持っています。

その代表的なものが「どんなに忙しくても月に一度は必ず会う」というものです。

仕事が忙しいと一ヶ月なんてあっという間。

「あれ、もうクリスマスに正月だ」なんて感じることも多いと思います。

そんな中の「月一回の逢瀬」は「遠距離恋愛をしている」という実感をなくしてくれる良いリズムなんではないかなと思います。

逆に、会う頻度がアバウトで二ヶ月に一回とかだと恋愛関係が壊れていく可能性が高いと思います。

あと、もうひとつ気づいた点は「セックスを優先しない」というところです。

久しぶりに会って、体の関係だけ済ませて別れる、そういう傾向になるのを防ぐのです。

セックスをしちゃいけないというわけではなく、きちんとプレゼントを用意したり話を聞いてあげたり「遠くに住むセフレ」という関係にならない努力をすることです。

適度に刺激のあるデート、これもとても大事なことですね。

カテゴリー: 恋愛 

当サイトについて

遠距離恋愛を長続きさせる努力~月に一度の逢瀬~イメージ
遠距離恋愛では月に一度しか逢えない人も少なくありません。そんな月に一度の逢瀬で長続きする為にしなければならない努力をアドバイスしていきたいと思います。

最新記事

最新記事イメージ

彼女と出会わせてくれたメル友サイトにとても感謝

運命の出会いって、本当にあるんだなぁと実感しています。 というのも私の奥さんは、出会ったきっかけがメル友サイトでの出会いなんです。 女性が少ない職場の上、仕事柄なかなか女性と知り合うこともできずにいました。 そのときは、・・・続きを読む ≫

カテゴリー